医療職

誰でもみな1度は、病院やクリニックにかかったことがあるのではないかと思います。病気知らずの健康な体だという人も、生まれて来る時は医療機関の中で誕生することがほとんどです。そういう意味では人間は誕生してすぐに、医療に関わる様々な職業の人と出会うわけです。そこには医師がいます。看護師もいます。赤ちゃんが生まれたわけですから助産師がいる場合もあります。もちろん成長していく間に、いろいろな病気にかかったり怪我をすることもあるでしょう。その場合はいろいろな検査をすることもあります。レントゲンを撮ったり、血液検査をしたりと、検査にもいろいろあります。そのような検査はそれぞれ専門の資格を持った医療従事者が行うことになります。そしてもし入院した時はどうでしょうか。朝昼夕と食事が提供されますが、その食事を考えるのも医療機関の専門スタッフです。このように医療の現場では様々な職種のスタッフが働いています。直接触れ合うことのあるスタッフもいれば、見えない部分で活躍しているスタッフもいます。医療機関で働いているスタッフは大勢います。そしてその職種は数多くあります。さらには専門性の高い職種が多いという特徴もあります。その為多くの職種は国家試験に合格した国家資格を持っています。人の命を預かる仕事なわけですから、当然ですが高い専門知識を持つことが要求されるわけです。国家試験を受ける前にはそれぞれの職種の専門知識を勉強する為の、学校に入学しなければなりません。それは大学の場合もあります。専門学校で良い場合もあります。高校にその専門過程があれば、高校卒業で受験資格を得ることができる場合もあります。ここでは医療に関わる医療従事者の仕事内容や、資格を取得する方法などを紹介していきたいと思います。医療に関係する職種は大変多いので、全てを紹介することはできませんが、良く知られている職種を中心に紹介したいと思います。

ページの先頭へ